法のくすり箱

.一人ぐらしの老母には唯一の財産といってよい山林があります。ところが先年母はこの山林を兄に贈与しそのかわりに兄が母の生活をみることになりました。しかし兄は山林の移転登記まで受けながら一向に母の面倒をみないのです。そればかりか母から贈与を受けた山林を担保に金を借りようとしています。母は、兄がこんな状況と分かっていたなら弟の私に山林を渡して世話になるのだったと嘆くのですが、今からでも何とかできないでしょうか?

ホームページへカエル
「相続問題Q&A」目次にもどる
次のページ(法のくすり箱「酔った上での約束は取り消せるか?――贈与の話」)へ進む